2014年07月23日

現在の日本ボードゲーム市場規模を推測してみる

日本のボードゲーム産業における現在の市場規模をネット検索してみたが、ぴんとくるものが見つからなかったので、手始めに調べてみることにした。

Wikipediaによると、2007年時点のドイツのボードゲーム市場は4億ユーロを突破している。
それから7年経った2014年。ドイツにおけるこの市場は成長傾向であり、2013年には前年比5%で成長しているという記事があった。
http://www.tgiw.info/2013/10/

仮に毎年5%の前年比成長を遂げているとすれば、ドイツのボードゲーム市場は5.6億ユーロ。日本円にして約760億円ということになる。
この760億円というのはなかなかピンとこないが、日本の同人誌市場が2014年時点で約700億円といわれている。他に近いところでは、ブルーレイディスクの売上は2013年時点で年間843億円である。
これらの比較対象から考えても、ドイツのボードゲーム市場が非常に大きいことはよく分かる。

ドイツの人口は約8,000万人で、日本の約2/3。少子高齢化はかなり深刻であるとのこと。にもかかわらず、市場は成長を遂げ、年間250〜300のボードゲームが新しく生まれている。ということは、ターゲットは子供に限らず、幅広い「遊びのツール」として生活に浸透しているのだろう。

さて、日本のボードゲーム市場はどうだろうか。
日本玩具協会の資料によれば、2013年の玩具全体の市場規模は4,020億円である。
その中で、アナログゲームが含まれるであろう分野の売上高は129億円。
http://www.toys.or.jp/toukei_siryou_data.html

この中にはオセロやUNO、パズルなどの伝統ゲームなども入っていることから考えると、おそらく純粋なボードゲーム(輸入、国産同人etc)は5%以下の、5億円ほどだろうか。
日経の記事によれば、2011年の東日本大震災のエネルギー問題意識の影響でアナログゲームは追い風となり132億円に達したが、その後微減となったようである。この記事によれば、日本のTCG市場は1,000億円以上あり、如何に美味しい商売か分かる。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD120HB_S2A610C1TJ2000/

別のアプローチからフェルミ推定をしてみる。
今年度の大阪ゲームマーケットの来場者は累計2,500人であったようだ。
そして東京ゲームマーケット2014の来場者数が累計6,500人とのこと。
この中には当然重複があり、なおかつ地方からの来場者もいるわけだが、どちらにも参加できなかったボードゲームプレイヤーが2,000人いたとしよう。
この場合のボードゲームプレイヤーの定義は、ゲームマーケットに行く、もしくは行きたいというレベルでボードゲームが好きな人、としておく。

パレートの8:2の法則(上位2割が8割を構成する)から考えてみると、これらボードゲームプレイヤーの11,000人のうちの2割、つまり2,200人がヘビーユーザーと仮定する。彼らが市場の8割を占めているのである。

このヘビーユーザーの定義はかなり曖昧だが、

ヘビーユーザー=自らボードゲーム会を企画、参加する。ボードゲームを周囲に広めたい。最新の情報をチェックし、新作ゲームは間違いなく購入する。時には輸入して日本語シールを作って貼ったりもする。
年間で20作以上のゲームを購入している(おそらくもっと購入している人は多いのだろうが)。

としてみる。1作あたり、かなり幅はあるが2,000〜8,000円くらいが多いので平均値で5,000円とする。
すると、2,200*5,000*20=2.2億円。これが全体の8割だとすると、2.75億円がボードゲームの市場規模といったところではないか。

前述の推定と併せて考えれば、日本のボードゲーム市場は現在約3億円〜5億円ではないかと推測される。
3億円というのは、日本において最も多い中小零細企業の売上高であり、1カテゴリーの市場規模としては非常に小さい。これでは大企業が参入しないのも無理ははない。
そんなものに投資するより、トレーディングカードゲームは1,000億円の成長市場なのだ。
もしくはソシャゲーであれば、開発費5,000万円〜1億円で、一発当てれば年間1,500億円である(パズドラ参照)。

逆に考えれば、この市場を盛り上げる場合、現在行われているボードゲーム会のような草の根活動がまずとても重要であること。
そして、ベンチャー企業しかまず挑戦しない分野であるということである。この市場を最終的にドイツ市場並に盛り上げることができれば、色々楽しいことになりそうである。

次回の記事では、環境分析について深く掘り下げて、何がこの市場における成功要因となりえるのかを考えてみたい。

【まとめ】
・2014年時点の日本におけるボードゲーム市場(輸入、同人)(※オセロ、将棋、TCGなどを除く)は年間約3〜5億円ではないかと推測される。

・ドイツ市場と比較すると大きな乖離があり、現状非常に規模が小さく、戦略次第では成長の余地があるのではないかと思われる。

ご意見や議論をしていただける方がいらっしゃれば、ぜひskype:himemiya3939まで。
posted by らりお at 23:37| Comment(6) | 市場分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。