2015年05月28日

「ボードゲームって何?」に対するベストアンサーを考えてみる

久々に実家の大阪に帰り、高校時代の旧友と飲んでいた時のこと。
「最近休みの日は何してんの?」とよくある話題へ。

ギター、カフェ巡り、テニスなどなど……
当たり障りのない趣味(失礼)で、ほどほどに盛り上がる。
そんな中、なんとなく流れで僕の番へ。

「え、俺はあれやん。ボードゲーム」
「……(1.5秒の沈黙)、へぇ〜」

……うん、分かってへんな。
「人生ゲームとかしてんのかな、こいつ。いい歳して…ぷぷぷっ」
という感じが伝わってくる!

「ボードゲームって何?」
「それは……えっとな。世界にはトランプとか人生ゲーム以外にも色々なアナログなゲームがあんねん。それぞれが独自のルールで、こうなんていうか、運と戦略のバランスがいいジレンマのあるゲームなんよねー」
「……(3秒の沈黙)へぇ〜」

やっぱ分かってへんやん!!!

と、このような体験はボードゲーマーの皆様なら1度はあるのではないでしょうか。
「ボードゲームって何?」と聞かれた時に、我々はなんと答えればいいのでしょうか。

毎回いきあたりばったりな回答をしてしまうので、今回は自分なりのベストアンサーを作ってみたいと思います。

【どうなったらベストなのか?】

そもそもから入りましょう。
「ボードゲームって何?」を伝えた後、どのような反応をされたらベストなのか。
例えばこんな感じですよね。

「へぇ〜面白そう!今度一緒にやりたい!」

要するに、「感動」や「驚き」。このあたりの感情をくすぐる言葉で返すことができ、聞き手の「やりたい」という「好奇心」に結び付けられれば、それはおそらくベストアンサーでしょう。

ちなみに、今回の記事はボードゲームの定義について語るものではありません。
あくまで、前述のようなシチュエーション、つまり相手が全くボードゲームというものを認知していない状況のとき、何を伝えれば相手をワクワクさせ、やってみたいと思わせるのか。そこについて考えてみるものです。

また、ベストは誰に伝えるのかによっても異なります。例えば50歳の女性に伝えるべき事と10歳の少年に伝えるべき事は違うでしょう。
今回のケースは自分によくあるシーンとして、20-30代の男性を想定して話を進めます(そうは言いつつも、なるべく誰にでも刺さりやすい言葉を模索してみますが)。

【重要なのは定義ではなく、ストーリー】

ここで、以前書いた記事をもう一度掘り起こしてみます。

「心に残るアイデアを伝えるためのチェックリスト」
http://begin-boardgames.seesaa.net/article/407444971.html

この記事の中で、伝えて記憶してもらうための重要な要素を書きました。それが以下の6つの要素になります(詳しくは前述のリンクから記事をお読みください)。

1. 単純か?
2. 意外性があるか?
3. 具体的か?
4. 信頼性があるか?
5. 感情に訴えかけているか?
6. 物語性があるか?

特にこのうち「物語性」ということに着目してみます。

つまり、私は今まで「ボードゲームはどういうものか」を定義的に説明しようとして失敗していました。しかし、この手のアプローチでは心に響きにくい。「ああ、そういうのもあるのね」で終わってしまう可能性が高いのです。
なぜなら、そこには物語性がなく、イメージしにくいからです。

そして、私は考えました。
要は「ストーリー」を伝えればいいのではないかと。

多くの人はボードゲームをやってみると「面白い!」と思ってくれます。
でもボードゲームと聞いただけでは、ピンと来ないし、その定義を聞いてもいまいち面白さが伝わらない。
ならば、ボードゲームの面白い部分を、「話を通して体験してもらえばいい」ということです。
つまり聞き手を没入させるストーリーテリングでボードゲームについて語るのです。

そこで、ボードゲームらしいジレンマで、なおかつワクワクして、分かりやすいものは何かを考えてみました。

そうして出来上がったのが、下記のお話です。

【「ボードゲームって何?」に対するベストアンサー】

「ボードゲームって何?」
居酒屋で程よく出来上がった友人が、あなたに尋ねます。

「そうやね、例えば○○君が探検家やとする。仲間5人を連れて、危険いっぱいの洞窟にダイヤモンドを求めて潜っとるわけよ、インディージョーンズみたいに」

ボードゲームが何かを聞いているのに、いきなり探検家の話をされて面食らいつつも、友人はそのシーンを想像して、ふんふんと頷きます。

「幸運なことに、○○君たちは探検の途中でダイヤを10個見つけることができた。その時、5人の仲間と○○君はそれぞれがまだ先に進むか、それとも帰るかを選ぶことになった。つまり、いっせーのでで、帰るか、進むかを宣言することにしたわけよ。今帰ればとりあえずダイヤを持て帰れる。でも、この先進めばもっとダイヤが出てくるかもしれへんで。それこそ20個とか。でも洞窟には危険が多いから、これ以上行けば死んでしまうかもしれへん」

友人は「ほほう」と頷きつつ、「俺なら帰るかな」と何となく考えているようだ。

「ただし! 帰るって決めた人が複数いた場合、今あるダイヤはその帰る人たち全員で山分けや。例えば6人中5人が帰るなら1人2個ずつしかダイヤを持って帰られへん。しかも、一回帰ったらもう洞窟には入られへんねん。でも、先に進むと決めた1人の探検家は、そこから先で出たダイヤは独り占めできるわけよ。さぁ、○○君ならどうする?」

「ええー……悩ましいなぁ。でも、もし1人で帰れたらダイヤ10個を全部一人占めできるわけやろ。うーん……どのくらいその先が危険かってことにもよるよなぁ……ぶつぶつ……」

友人はその悩ましい状況に首をかしげ、どうしようか真剣に考えている。
そこであなたは、友人にドヤ顔でこう言うのです。

「これがボードゲームやねん。今回は探検家っていうテーマやったけど、それこそ服の仕立屋とか、カーテン商人とか、色々なテーマに沿ってこういう良いジレンマがあんのよ。ルールもほんまに多彩やから、飽きひんし、違うゲームするたびにワクワクするで」

「へぇ〜面白そう!今度やろうや!」

やった! 第三部〜完〜


【ポイント】

今回はお気づきの通り「インカの黄金」(ダイヤモンド)をベースにしています。
このゲームのジレンマは個人的に非常に分かりやすく、また想像しやすかったためです。もしかするとより紹介に適したゲームがあるのかもしれません。自分がインストの得意なゲームでも良いかもしれませんね。
ポイントは4つです。

●定義ではなく、ストーリーによる体験でボドゲの魅力を語る

●細かいルールはカット。重要なジレンマパートだけを理解してもらう

●カードを使うなどの表現を使わず、あくまでストーリーとして伝える

●最後の〆で様々なテーマのボードゲームがあり、色々なジレンマがあるため遊ぶたびにワクワクすることを伝える

みなさんも「ボードゲームって何?」に対する鉄板のジレンマ体験ストーリーを考えてみてはいかがでしょうか。案外、何もない状況でそれを体験してもらうのは難しいかもしれません。

この問いが来た時に、必ずボードゲーマーが1人増えるようになれば、遊べる相手がもっともっと広がってハッピーですね。

【ボードゲーム制作サークルPR】

こたつパーティー(こたパ)
「あなたの毎日に、もっとボードゲームを!」

ゲームマーケット2015春
「猛牛が倒せない」取扱店:すごろくや様、イエローサブマリン様
「CITRUS×CITRUS」取扱店:イエローサブマリン様

WEB:http://www.kotatsu-party.com/ 
ブログ:http://kotatsu-party.sblo.jp/ 
Twitter: @kotatsu_pa

Podcast「こたトーク!」
「あなたの隙間時間を、ちょっとだけ彩るボードゲームトーク」
http://kotatsu-party.sblo.jp/article/104937190.html
posted by らりお at 17:50| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。